<< 「富士山」が世界遺産へ 「武家の古都・鎌倉」は不登録と明暗がくっきり分かれました | main | マルコ・ポーロの「東方見聞録」に再注目してみては? >>

今年ほど憲法に関する論議がかまびすしい年はありません

 自民党の石破幹事長は 「自民党は憲法を変えるために出来た政党」 とまで、街頭演説で言い切りました。改憲の発議要件を示している第96条の先行改正を、安倍首相は参院選の公約に掲げることも明言しています。わが国周辺の国際緊張が、これまでになく高まっていることがその要因の一つにあるとすれば、憲法改正には一段と慎重で在らねばと、素直に感じるのは私一人ではないでしょう。
 私は、憲法を改正するとしたら、環境権やプライバシー等の人権に関わる条項、並びに地方自治権の拡充を新たに加える 『加憲』 により、憲法の更なる充実を図ることこそが、最も理に適ったものであると考えています。決して頑なな護憲の立場に立つものではないのですが、 “何のために” という根本的な部分で国民のコンセンサスがないまま、主権者たる国民を脇に置き、さも十分加熱しているように煽りたてる一部マスコミと識者らにも、大いなる危惧を抱くのです。
 その意味で、慶応大学教授である憲法学者・小林節氏の論説に私は共感します。小林教授は自らの立ち位置を 『護憲的改憲派』 と述べています。その上で96条改正の先行を邪道とし、「(権力者は) 憲法から自由になり、さらに管理しようとしている。これは民主主義、そして人類の歴史に対する冒瀆だ」 (神奈川新聞コラム) と断じるのです。「憲法は法律より変えづらい 『硬性』 があってこそ」 良いのであり、憲法と法律の改正要件が同じであってはならない、とする論旨です。
 政府が参院選の結果をもって改憲への舵を大きく切ろうとするのであれば、主権者である国民が良識を示すしかないでしょう。判断は自身の一票に託されることを自覚・自任するしかありません。

at 09:26, 大滝まさお, -

-, -, - -