<< “春のセンバツ” の入場行進曲 「花は咲く」 に感動しました | main | 例年より早く 桜が満開になっています >>

横浜博萌会 (社会福祉法人並びに医療法人) の理事会が開かれました

 平成25年度の事業計画と予算を審議する横浜博萌会の理事会 (社会福祉法人は評議員会が同時開催) が、25日に相次いで開かれ、両法人の理事を務めている私も出席しました。提出された議案はいずれも承認されました。
 役員の退任とそれに代わる新役員の選任についても、提案通りに同意されました。 超高齢社会に突入しつつある現在、福祉も医療も、施設整備が地域に展開されれば、されるほど競合が強まり、経営に対する工夫と努力が必要になることは必然のこと。大事な点は、地域の中でいかに信頼され必要とされる(選ばれる)施設かどうかです。 そのためには、まず、ご利用者のニーズの把握に努め、ご利用者サイドに徹しようとする運営の姿勢でしょう。いずれも、多額な税金が投入されているからこそ、成り立っていく制度・施策ですから、持続・発展の指標となるのは、経営組織の硬直化を防ぐ普段の努力と、無駄(コスト)削減に、敏感に反応していく職員のマインドを育てる、ということになるのでしょうか。

at 16:06, 大滝まさお, -

-, -, - -