<< 「来夢の里」の地元 大久保自治会の通常総会に出席しました | main | 「とつか美術会」 の定例役員会が開かれました >>

社会福祉法人 横浜博萌会などの理事会が開かれ出席しました

 私が理事を務めている、社会福祉法人「横浜博萌会」ならびに、医療法人「横浜博萌会」の理事会が、26日の午前と午後に相次いで開催され出席しました。
 社福法人は、情緒障害児短期治療施設「いずみ学園」と、「子どもの虹情報研修センター」(日本虐待・思春期問題情報研修センター)、および特別養護老人ホーム「しらゆり園」ほか地域ケアプラザ等の高齢者福祉センターを運営しています。理事会と併せて評議員会も同時にひらかれ、24年度の事業計画案と予算案が審議されて、いずれも全会一致で承認されました。 新年度は介護報酬改定の年であり、全国の介護施設を運営する法人は、その改定内容について強い期待を抱いていましたが、今年1月の発表はそれを大きく裏切るものでした。 影響額としてはいずれも大幅な減額を余儀なくされ、施設全体でいっそうの利用率アップや経費節減が必要となります。
 一方、医療法人では 「西横浜国際総合病院」 を経営。医療の質的向上と患者満足度の高い医療サービスを提供することで、経営収支の黒字化を図るとする、事業計画内容とその予算案は承認されました。また、かねてから検討を重ねてきた、東戸塚方面への訪問診療専門の在宅支援クリニックの開設について、『東戸塚ホームケアクリニック』を川上町において設置するとする、定款変更議案も質疑の結果承認。理事から 「時代の要請にこたえる実績を」 と強い期待も寄せられました。

at 17:23, 大滝まさお, 横浜のこと、そして介護

-, -, - -