<< 来夢の里 とその周辺で “春” を探してきました | main | 小規模多機能型居宅介護施設とグループホームが完成し内覧会に参加しました >>

戸塚区内の他地域から 施設見学に大勢の方々が見えました

 名瀬地区の民生委員さんや保健指導委員さん、福祉ボランティアの活動をしておられる方々が、来夢の里の施設見学にお出でになりました。日ごろから地域の福祉力・介護力の向上に強い関心を寄せ実践している皆さんで、「来夢の里」の建設が進んでいる段階から、この施設で取り入れられたユニット型・全個室の介護、ユニット内での炊飯などに興味を抱いておられたほか、施設の運営面についても低コスト、省エネ対策の手法や、ホール・広場などを活用した地域との交流の在り方等にも、さまざまな質問を私に投げかけてくださいました。 今回の見学は、そうした疑問や関心にお応えするために実現を見たもの。
 来訪された直後に施設紹介のDVDを見ていただいたあと、各階を見て回りその場で質疑もおこなわれました。 また、本市が施策として実施している、介護支援ボランティアポイント事業 『ヨコハマいきいきポイント』 制度の対象施設であることも紹介。 担当者から今後の運営面においての協力をはじめ、ボランティア講習会への参加を呼びかけました。

at 09:48, 大滝まさお, 横浜のこと、そして介護

-, -, - -