<< ヨコハマを訪れているハンガリーのダンス・カンパニー公演を見ました | main | 春を告げる 「舞岡ふるさと村」 の梅まつりなどが始まります >>

「来夢の里」 にお雛さまの段飾りがお目見えしました

 例年にない厳しい寒さが続いている日本列島。除雪等による痛ましい被害には胸を締め付けられます。 太平洋側の今日は暖かな日差しが注いでいますが、今週半ばからは雨の予報。春の雨は冷たさひとしおですが、確実に春が近づきつつあることを実感できるのもこの時期の雨。 「春よ来い!」と、待ちわびる東北の被災地の人々を思うと、また胸が痛みます。もうすぐ、大震災から満1年を迎えます。
 「来夢の里」に入所された方のご家族が、お雛様の段飾りを届けてくださいました。1階の来夢ホールに飾って、皆様に見ていただくことで、ご厚意にお応えしたいと思っています(写真下)。穏やかでやさしい顔立ちの雛たちも、施設のご利用者さまたちだけではなく、遠い東北の地の人々の幸せをも祈っているかのようです。
 来夢ホールに飾られた雛人形(20日)

at 16:08, 大滝まさお, 横浜のこと、そして介護

-, -, - -